読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニア成長日記

成長するにはインプットばかりでなく、アウトプットも必要である。日々の成長記録を書き留めていきたい。

Maven環境構築手順

概要

Javaベースのオープンソース製プロジェクト管理ツール

ビルドツールApache Antのようにbuild.xmlを自分で手間をかけて記述することなくプロジェクトのビルドやデプロイ、テストレポートなどの生成を容易にすることができます。

PerlCPAN, PHPPEARWindows UpdateFedora Coreyumのように登録された外部のライブラリを簡単に自分のプロジェクトへ、 自動ダウンロード/自動インストール/自動クラスパス追加が可能です。

Mavenは、とくにチームでの開発には有用で、開発者の各マシンにMavenをインストールさえしておけば、Mavenの設定ファイル(pom.xml)を チーム内メンバーに配布するだけです。 後は開発者がMavenのコマンドを一回実行することでソースコードやJARライブラリなどを自動的に用意してくれる優れた便利なツールです。

このツールのおかげで、開発環境と本番環境のJARライブラリのバージョン違いによるリリース後に問題が発生するといったことを防ぐことができます。

今回は、そんなMavenのインストール手順を備忘録を兼ねて記載します。

前提

OS

実行ユーザ

  • root権限を持つ任意のユーザ

SW

|ソフトウェア|バージョン|備考| |java|1.8.0_51|| |Maven|3.3.3||

インストール作業

Javaインストール

# mkdir /usr/local/src/java
# cd /usr/local/src/java
# tar xvfz /tmp/jdk-8u51-linux-x64.tar.gz
# vi /etc/profile
(以下、編集)
export JAVA_HOME=/usr/java
export JAVA=${JAVA_HOME}/bin
export PATH=$PATH:${JAVA_HOME}
  • 設定を反映する。
# source /etc/profile
# ln -s /usr/local/src/java/jdk1.8.0_51 /usr/java
  • バージョンを確認する。
# java -version
java version "1.8.0_51"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_51-b16)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.51-b03, mixed mode)

Mavenインストール

  • ダウンロードする。
# curl -O http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache/maven/maven-3/3.3.3/binaries/apache-maven-3.3.3-bin.tar.gz
  • ダウンロードしたtarballを任意のフォルダに格納し、解凍する。
# mkdir /usr/local/src/maven
# cd /usr/local/src/maven
# tar xvfz /tmp/apache-maven-3.3.3-bin.tar.gz
# ln -s /usr/local/src/maven/apache-maven-3.3.3 /usr/local/maven

# vi /etc/profile
(以下、編集)
export M2_HOME=/usr/local/maven
export M2=${M2_HOME}/bin
export PATH=$PATH:${RUBY}:${JAVA }:${M2}
  • 設定を反映する。
# source /etc/profile
  • バージョンを確認する。
# mvn --version
Apache Maven 3.3.3 (7994120775791599e205a5524ec3e0dfe41d4a06; 2015-04-22T20:57:37+09:00)
Maven home: /usr/local/maven
Java version: 1.8.0_51, vendor: Oracle Corporation
Java home: /usr/local/src/java/jdk1.8.0_51/jre
Default locale: ja_JP, platform encoding: UTF-8
OS name: "linux", version: "2.6.32-573.8.1.el6.x86_64", arch: "amd64", family: "unix"

Maven設定

Mavenの設定は、Settings.xmlへ記述する。ここでは、必要最低限の設定しか記述していないが、詳細は、以下のサイトを参考にしていただきたい。

サイトURL:http://maven.apache.org/settings.html

プロキシ設定(プロキシ経由でダウンロードする場合のみ)

  • 「settings.xml」へプロキシの設定を記述する。
# vi /usr/local/maven/conf/settings.xml
(以下、編集)
  
    
      optional
      true
      http
      
      
      proxy.exzample.com
      8080
      *.exzample.com
    
  

動作確認

動作確認のため、mvnコマンドを利用してみます。

プロジェクト作成

  • 任意のフォルダを作成し、プロジェクトのひな形を作成する。
mvn archetype:generate -DgroupId=myapp.hello -DartifactId=myapp-hello -DinteractiveMode=false

※補足.  mvnコマンド実行時の結果Msgは次のとおりである。

【正常終了の場合】
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] BUILD FAILURE
[INFO] ------------------------------------------------------------------------


【異常終了の場合】

[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] BUILD SUCCESS
[INFO] ------------------------------------------------------------------------

今日は、ここまで!