読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニア成長日記

成長するにはインプットばかりでなく、アウトプットも必要である。日々の成長記録を書き留めていきたい。

CentOS6.7 LVMで管理しているSWAP領域を変更する手順

はじめに

メモリの増設などで、SWAP領域のサイズを拡張したい場合があります。 LVMで管理している場合は、拡張が容易に行えるため、今回は拡張手順をまとめてみます。

作業の流れ

  1. 現在の構成を確認する。

  2. LVM領域の変更する。

  3. スワップ領域の変更を反映する。

手順

現在の構成を確認する。

  • 現在のLVMの構成情報を表示します。
# lvdisplay
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/vg_oracle/lv_root     
  LV Name                lv_root
  VG Name                vg_oracle
  LV UUID                us6Hg4-oLUt-e4rW-Bqr1-6LgC-4sId-IrxJHG
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time oracle.exzample.com, 2016-01-07 23:45:32 +0900
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                20.52 GiB
  Current LE             5253
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:0

  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/vg_oracle/lv_swap
  LV Name                lv_swap
  VG Name                vg_oracle
  LV UUID                HkopWN-nxKI-dU6k-xLHe-2kmK-wB5T-0dOwa9
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time oracle.exzample.com, 2016-01-07 23:45:34 +0900
  LV Status              available
  # open                 0
  LV Size                1.47 GiB
  Current LE             376
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:1
  • LVMとしては、「lv_root」と「lv_swap」を管理していることがわかります。

LVM領域の変更する。

  • 変更前のLVMの領域を確認します。
# lvscan
  ACTIVE            '/dev/vg_oracle/lv_root' [20.52 GiB] inherit
  ACTIVE            '/dev/vg_oracle/lv_swap' [1.47 GiB] inherit
  • 「lv_root」領域のサイズ(-1GB)を変更します。
# lvresize -L -1G /dev/vg_oracle/lv_root  
  • 「lv_swap」領域のサイズ(+1GB)を変更します。
# lvresize -L +1G /dev/vg_oracle/lv_swap
  • 変更後のLVMの領域を確認します。
# lvscan
  ACTIVE            '/dev/vg_oracle/lv_root' [18.52 GiB] inherit
  ACTIVE            '/dev/vg_oracle/lv_swap' [3.47 GiB] inherit

スワップ領域の変更を反映する。

  • 反映前のスワップ領域を確認する。 ※「/proc/swaps」ファイルの情報と一緒。
# swapon -s
Filename                                Type            Size    Used    Priority
/dev/dm-1                               partition       2588668 1484    -1
# swapoff /dev/dm-1

※この状態では、スワップ領域が無効化されているため、スワップ領域の情報が表示されなくなります。

# swapon -s
Filename                                Type            Size    Used    Priority
# mkswap /dev/vg_oracle/lv_swap
mkswap: /dev/vg_oracle/lv_swap: warning: don't erase bootbits sectors
        on whole disk. Use -f to force.
スワップ空間バージョン1を設定します、サイズ = 3637244 KiB
ラベルはありません, UUID=6f0f39cd-9b98-4371-b11e-944c7a498855
# swapon /dev/vg_oracle/lv_swap
# swapon -s
Filename                                Type            Size    Used    Priority
/dev/dm-1                               partition       3637244 0       -1

参考サイト

Linuxコマンド集 - 【 swapon 】スワップ領域を有効にする:ITpro

Linuxコマンド集 - 【 swapoff 】スワップ領域を無効にする:ITpro